悩む女性急増中!頭蓋骨マッサージで「歯ぎしり」改善!?

頭蓋骨を揉んで歯ぎしりを治す!?1日3分で!
目が覚めるとアゴが痛い、最近かおが大きくなったかも・・・

それは歯ぎしりが原因かもしれませんよ。

女性は男性よりもストレスが体に出やすいみたいです。

100人中99人は頭蓋骨がこっているいます。
その結果、ストレスが歯ぎしりや食いしばりとして現れる人が増えています。
歯ぎしりは人からの指摘で気づく人もいますが
本人も知らずのうちに様々な疾患を引き起こすかもしれません。

それに加え現代社会では肉体の疲れよりも精神的な疲れ、パソコン・スマホ
の使い過ぎによるIT疲れが多く、その結果頭蓋骨にこりがある人が
ほとんどです。
頭蓋骨のこりは歯ぎしりはもちろん頭痛・肩こり・眼精疲労
睡眠障害の原因となり、これを解消することで多くの疾患が改善するようです。

「頭蓋骨マッサージとはどのようなもの?」
1、まずは側頭筋のマッサージから始めます。
両手で握りこぶしを作ってこめかみをこぶしで上下にグルグリとしながら
10数えます。
これをすることで側頭筋のコリがほぐれストレス解消、食いしばり
歯ぎしりの改善が期待できます。

2、こめかみを揉んで目の疲れをとる
手のひらの下、盛り上がっている部分をこめかみの下にあてる。
後頭部に向かって10回円を描くように揉む。
これをすることであごの疲労を目の疲労を改善します。

3、後頭部を揉んで自律神経を整える
握りこぶしをつくり小指の付け根を後頭部の耳下にあて
10数えながら左右に細かく動かす。
徐々に後頭部の真ん中に近づけていく。
これをすることで頭痛と首や肩のこりを改善が期待できます。

4、頭を温めリラックス
最後はこすり合わせて温めた両手で側頭部を覆い
深呼吸しながら1分間リラックス。

マッサージは1日3分。寝る前にするのが効果的。
朝の寝起きが違ってきます。
あなたも頭蓋骨を揉んでストレス社会を乗り切りましょう。